― 私たちの10月23日を伝えるために。 ―




エリアTOPICS・川口エリア


2012/11/04 18:42

震央トレッキング2012開催!

11月4日(日)、NPOくらしサポート越後川口が主催し、東川口地区公民館、

東川口お宝いかし隊、川口スポーツクラブほか、トレッキングルートの各地域の

みなさんにもご協力いただきながら、予定通り「震央トレッキング」を開催しました。

前日までの数日間が雨模様だったため、当日の天候が心配でしたが、

ご覧の通りの秋晴れとなり、全長約15キロのコースを急がず慌てず、

ゆっくりと真っ盛りの紅葉を楽しむトレッキングになりました。

 

午前10時に東川口公民館前を出発し、川口霊場三十三番めぐりの

一番から十八番までの遊歩道を進みます。

遊歩道脇のほこらでは、地元の東地区公民館長の横田さんより、

霊場の云われなどのガイドもしていただきました。

川口の街が一望できる十八番で休憩と記念撮影!

当日はSLの試験運行もあり、紅葉の飯山線を走るSLを狙って

十八番にもカメラマンの方がたくさんいらっしゃいました。

一行はその後三十三番めぐりを離れ、竹田地区の遊歩道へ。

十八番よりさらに標高の高い竹田展望台(通称キノコの展望台)へ。

ここは見る向きで遠くは長岡から苗場までが一望できる360度の

大パノラマが見どころです。足元には川口きずな館も。

竹田から少し下って、木沢集落に移動して、昼食になりました。

昼食会場の「やまぼうし」では、木沢のお母さんたちが朝から作って下さった

野菜たっぷりの美味しいお汁をご用意いただきました。ありがとうございます!

昼食の後は、木沢集落の小林正利さんのガイドで、川口の一の峰、二子山の

山頂(標高434m)を目指します。

山頂の展望台は地元のフレンドシップ木沢のみなさんが整備をした、地元の

材料をつかった見事なものでした。展望台からの川口の風景を眺めながら、

ガイドの小林さんから、震災当時の様子や、展望台整備の様子などをお話し

いただきました。

そして一行は、最終目的地の震央メモリアルパークへ。

震央パークでは、震央地の棚田を管理されている星野秀雄さんから

震災1周年~3周年のエピソードや、ライトアップイベントのお話しなど

当時の想いと一緒に語っていただきました。

震央メモリアルパークを離れ、一行は武道窪~東川口へと戻ります。

東川口に入る頃に、ちょうどSLの通過も見ることができました。

スタート地点の東川口公民館に戻り、現地で解散!おつかれさまでした!

 

紅葉の一番いい時期にちょうど当たったトレッキングツアーとなり、

晴天にも恵まれ、参加した25人も大満足のすばらしい1日となりました。

また各地のガイド役を買って出て下さった地域のみなさんにも、

本当にお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。

また来年も、今度は春に山野草を愛でるトレッキングツアーを企画しています。

今回のように、震央メモリアルパークの新しい魅力を再発見できる機会と

なればと考えています。お楽しみに!


過去の記事検索

ワード検索

  • 中越メモリアル回廊
  • 見学・視察のご予約はこちら
  • 語り部
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報

公益社団法人 中越防災安全推進機構 〒940-0062 新潟県 長岡市 大手通2-6 フェニックス大手イースト2階 TEL:0258-39-5525 FAX:0258-39-5526
© 2012 Chuetsu Organization for Safe and Secure Society. All rights Reserved.