― 私たちの10月23日を伝えるために。 ―




エリアTOPICS・川口エリア


2012/10/23 23:21

10.21川口秋祭り&Song of the Earth~10.23追悼式典

10月21日、きずな館のある川口運動公園周辺で、

恒例の川口秋祭り、Song of the Earthが開催されました!

野外特設ステージでは地元川口地域の勇壮な「あおり太鼓」に始まり、

ダンスグループの出演などが賑やかに行われ、午後のステージからは、

Song of the Earthのライブステージへと続いていきました。

秋祭りのコーナーでは、地元特産品を使った屋台コーナーや、川口きずな館の

となりに設置されたLove for Nipponのブースでは、被災地応援グッズ販売、

今年、木沢の棚田で一緒に育てたお米を使ったおにぎりの振る舞いなど、

東北の被災地との交流なども含めた様々な催しが行われていました。

当日は、全体的にお天気にも恵まれ、川口きずな館には昨年を超える3300名以上の方々が

訪れて下さいました。

また、このイベントに合わせて、10月19日から開催している、中越学生研究会わかば会による

「二十村郷大盆踊り展」も大変多くの方にご覧いただきました。

(企画展の開催は11月11日(日)の「二十村郷座談会」まで継続)

 

そして、昨年初めて開催され、大きな話題となった「絆マラソン大作戦」も21日に開催され、

総距離は昨年を上回る36km、参加300名超、最長寿ランナー92歳!という記録ずくめの

内容となりました。

朝7時にきずな館を出発し、飛び入り参加も含む300人で黄色いフラッグをつなぎ、

予定のゴール時刻より1時間も早く全ての地区を回ってゴールとなりました。

「つなげよう未来へのきずな~きずなでつなぐ未来への思い~」 のテーマのもと、

地域のみなさんが紡いだ川口の想いは、確実に来年に繋がっていきます。

 

イベントの行われた21日夜と22日朝には、Love for NIPPONの活動への協力のために

川口を訪れた東北地域の被災者のみなさんとSong of the Earthのスタッフの皆さんが

川口きずな館を会場に総合プロデューサーのCandle JUNEさんを囲んで食事会を開催し

交流を深めていました。

10月23日には、中越大震災の発生した午後5時56分に合わせて追悼式典が行われました。

あいにくの悪天候の中、約100名の参加者が追悼式典会場の特設ステージ前に集まり、

酒井長岡市議会議長、磯田長岡副市長、Candle JUNE氏らの追悼メッセージの後、

発生時刻となった17:56に黙祷を捧げました。

 

新潟県中越地震から8年。あの当時の出来事は決して忘れることのできません。

しかし、中越地域、震央川口には、あの出来事を契機に、震災以前よりここを元気な

場所にしていこうと今も頑張っている人達がたくさん居ます。

一歩一歩、着実に歩みを進めてきたこの地域での活動が、東北地方をはじめとする

被災各地の復興の励みとなるよう、これからも前を向いて進んでいかなければなりません。


過去の記事検索

ワード検索

  • 中越メモリアル回廊
  • 見学・視察のご予約はこちら
  • 語り部
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報

公益社団法人 中越防災安全推進機構 〒940-0062 新潟県 長岡市 大手通2-6 フェニックス大手イースト2階 TEL:0258-39-5525 FAX:0258-39-5526
© 2012 Chuetsu Organization for Safe and Secure Society. All rights Reserved.