― 私たちの10月23日を伝えるために。 ―



やまこし復興交流館 おらたるエリアTOPICSじょんでえら(十二平)のアサガオ2012

エリアTOPICS・山古志エリア


2012/07/25 09:54

じょんでえら(十二平)のアサガオ2012

小千谷市十二平は、防災集団移転により今まで住んでいた土地を離れ、
町場へと全世帯が移転しました。
ですが、この村を捨ててしまったのではなく、今でも通い農業や養鯉を
続けている世帯もあります。

また、故郷が廃れてしまうのは忍びないと、毎年アサガオの苗を植えて、
十二平が忘れ去れれる事がないように、石碑を建てるなどしています。
同時の区長さんは、地震の教訓を伝えるために、語り部として視察を
受け入れられています。

今年も、十二平の苗を春に分けていただき、準備室に植えました。
ここ数日で、ちらほらと花が咲き始めています。
昨年はあまり上手に咲かせることができませんでしたが、今年の発育は上々です。
十二平のみなさんから、いろいろと育て方の伝授を受けています。

120725asagao0001.jpg

 

十二平は、昨年より集団移転を検討している宮城県女川町竹浦集落と交流を
続けています。集団移転の現状や課題を実際にみたいという竹浦住民の声を
十二平の人たちが聞いて、受け入れたのが始まりです。

竹浦は、集落のほぼ全てが津波の被害を受けて、現在では、30ヶ所以上の場所に
分かれて仮設暮らしが続いていると聞きます。
情報共有や話し合いの場を持ちにくいとも聞きました。

十二平と竹浦は住民同士、ふるさとを離れての避難生活や、再建の苦労が
わかるだけにお互いにしか理解できない部分も多かったと思います。
一緒に笑って、一緒に泣いて、これからもお付き合いが続く絆が一つ増えたのだ
と感じました。

今年の春に、十二平からアサガオの種を持って、竹浦にて植えてきました。
こちらとは気候が違い、なかなか発育が難しいようですが、竹浦でも
きれいに花を咲かせてもらえればと思います。

十二平集落の近況はこちら(十二平を守る会のHPです)
https://sites.google.com/site/jyondeera/home/katsudo


過去の記事検索

ワード検索

  • 中越メモリアル回廊
  • 見学・視察のご予約はこちら
  • 語り部
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報

公益社団法人 中越防災安全推進機構 〒940-0062 新潟県 長岡市 大手通2-6 フェニックス大手イースト2階 TEL:0258-39-5525 FAX:0258-39-5526
© 2012 Chuetsu Organization for Safe and Secure Society. All rights Reserved.